FUJIFILM X-E1

UntitledUntitledUntitledUntitled UntitledUntitled

 
今回の旅行の為に(!?)レンズ4本手放して等価交換したミラーレスの1台
 
前に買ったお気に入りのNEX-5NはEOS KissX3を引退させた嫁用に鞍替えとなりました。
 
 
今回の旅行で初めてガッツリ使ったんだけど、思うのは良くも悪くも色んな意味でFilmライクなカメラなんですね。これ。
 
 
特殊センサーの為にRAWのPC現像があまり良くないみたいでカメラJpeg現像が基本。
露出(補正)やWB等をキチンと決め打ちする必要があって、PCで後から補正できるデジタルの謝恩を感じさせないカメラっぽいですw
 
だからすごく写真を撮る事に面白みを感じる事が出来るカメラで今回すごく勉強になりました
 
 
とりあえずの不満どころはAFのポイント移動の操作性と(暗部)AFの食いつきぐらいかな?
十字キーの一部が空いてるんだからそこをカスタマイズさせるファームを作って欲しいですね。
 
 
 
まだ慣れないっていうかフィルム時代を知らない僕にとってフィルムシミュレーションの「Velvia」「PRO Neg.Std」「PRO Neg.Hi」「PROVIA」「ASTIA」の効果(使い勝手?)を知らない事と、それぞれに対してダイナミックレンジ(100% , 200% , 400%)がどんなもんなのか?がまだ解らないので、まだまだ試し打ちが必要っぽいです。
 
 
とりあえず今回の旅行ではVelviaが特徴的で解りやすいので、それに頼って同じ様な雰囲気の写真ばかりになってしまいましたw
全体の絵としては良いんだけどデジタルの繊細な表現部(!?)が潰れてしまうので
PROVIA」+「Velvia」+「RAW」が保存できればいいですね♪
 
 
 
結論としてかなり良さげに撮れるカメラなので超オススメなんだけど、適当にパシャパシャ撮りたいなら換算24ミリからとれるNEX-5Rの方がいいかな?安いし。
マニアックにいくならX-E1、超万能で飛び道具完備のNEX-5Rはどちらも魅力的でオススメですよ。
 
 
長くなったのであとまた都度思った事を書きますね。
 
 
 
ズ!
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください